弁理士になるには講師が必要

弁理士になるには講師が必要

弁理士になるには、弁理士ゼミやセミナーに通っていく事が効果的です。

ゼミやセミナーに通う時は、特に講師選び重要になってきます。

講師によって、そのゼミの通いやすさも変わってきますし、授業の質も変わってくるのです。

ゼミやセミナーをご活用していくにあたっては、講師に注目して参加していくといいです。

ゼミやセミナーを開いている講師の方は、大体が、弁理士として働いている方、または資格を持っている人などが挙げられます。

某有名なゼミには、特許事務所にて、弁理士として現在も働きつつも、著書を出している方が、講師としてゼミを開いているケースもあります。

ご自分が読みやすいと感じたような著書を書いた弁理士の方が講師のゼミなどに通ってみるのも、非常におすすめです。

弁理士になるには、いい講師の人達も探していくと、非常に効率良く勉強できるのです。

親しめる講師でしたら、聞きたい質問も、毎回授業終わりに聞いていく事もできるのです。

セミナーに参加したら、講師の方に分からないところを聞いていきましょう。

弁理士になるにはここが一番

東京都内を中心に、定期的にセミナーを開いている弁理士ゼミがあります。

弁理士になるには、このゼミに通うのが一番です。

大手の特許事務所で現在も働く弁理士3名が、交代制で講師として働くゼミとなっており、受講生の人が毎回多く参加します。

3名の方全員同じ特許事務所で現在も働いている弁理士で、弁理士になるための資格取得試験に向けた、効果的な勉強方法をよく心得た方達なのです。

3名のうち、2名は、同じ商標部で働く弁理士です。

そのうち、1名は、女性弁理士の方で、一昨年に弁理士合格をした28歳の若手弁理士の方です。

去年は著書も出し、駆け出しの弁理士として、非常に良いスタートを切っています。

ゼミが開講されるのは、渋谷や代々木の会議室が主です。

主に土曜日13時~開いている事が多く、休日を活用して弁理士の勉強をしたいという方にとっては、非常に役立つゼミなのです。

平日も開講していますが、会社終わりの時間を考慮して、19時~開講しているというケースもあります。

弁理士になるにはどの程度の勉強すべきか

会社勤めの方も、無理なく弁理士の勉強ができるというのは、非常に嬉しいポイントです。

弁理士になるには、ここを利用するのもおすすめ。